ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
スポーツ少年団
本部長からのメッセージ
スポーツ少年団とは
沿 革
事業報告
事業計画
スケジュール
各団の紹介
団登録について
委員総会について
認定員について
ティーボール大会
屋内雪合戦大会
ジュニア・リーダー
スポ少だより
競技結果
規程集
リンク集
競技スポーツ専門部
高松市スポーツ少年団の沿革

年   度

 

昭和39年(1964年)

高松市スポーツ少年団事務局を高松市教育委員会保健体育課内に置く。

全団を対象とした、高松市スポーツ少年団ソフトボール交流大会始まる。

昭和47年(1972年)

高松市スポーツ少年団本部長に、伊藤栄四朗氏就任。

昭和50年(1975年)

2回日独スポーツ少年団同時交流の指導者として、与田秀雄氏を派遣する。

昭和51年(1976年)

日本スポーツ少年団の緊急3ヵ年計画(有料登録制、代議員制度の導入)が実施される。

市民スポーツ課の設置に伴い、高松市スポーツ少年団事務局を同課内に置く。

昭和52年(1977年)

高松市スポーツ少年団指導者協議会ができる。初代会長に小島明氏就任。

昭和53年(1978年)

高松市スポーツ少年団女子バレーボール交流大会始まる。

昭和54年(1979年)

全国スポーツ少年団軟式野球が始まったことに伴い、高松市予選が実施された。(以降継続事業)

6回日独スポーツ少年団同時交流の指導者として向山等を派遣する。

昭和55年(1980年)

1回高松市スポーツ少年団スポーツフェスティバルを開催する。(以降継続事業)

巡回講習会始まる。

高松市スポーツ少年団本部長に、三木義夫氏が就任。

昭和56年(1981年)

【指導協だより】創刊される。

昭和57年(1982年)

日本スポーツ少年団指導員講習会(Cコース)を、高松市スポーツ少年団の主管にて開催(以降継続事業)

昭和58年(1983年)

指導者協議会会長に谷沢桂三氏就任。

昭和59年(1984年)

種目別研修会(サッカー部会)を開催する。

昭和60年(1985年)

高松市スポーツ少年団設置規程を改正する。

高松市スポーツ少年団に母集団協議会を設ける。

1回母集団講習会を開催する。(以降継続事業)

【スポ少だより】創刊される。

昭和61年(1986年)

1回初級ジュニアリーダースクールを開催する。

種目別研修会(剣道部会・野球部会)を開催する。

'スポーツ少年団活動の実態と意識調査''と題して、アンケート調査を実施する。

13回日独スポーツ少年団同時交流、ドイツ団を受け入れる。

昭和62年(1987年)

種目別研修会(バレーボール部会)を開催する。

14回日独スポーツ少年団同時交流の指導者として、住谷幸伸を派遣する。

昭和63年(1988年)

9回高松市スポーツ少年団スポーツフェスティバルとして、高松祭りに参加。高松市民にスポーツ少年団をアピール。

平成元年(1989年)

16回日独スポーツ少年団同時交流、ドイツ団を受け入れる。

高松市スポーツ少年団創立25周年記念式を挙行する。

平成2年(1990年)

17回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、松島サッカースポーツ少年団の光家努を派遣する。

平成3年(1991年)

高松市スポーツ少年団本部長に、向山等氏が就任。

平成7年(1995年)

22回日独スポーツ少年団同時交流の指導者として、藤田清彦を、団員として弦打サッカースポーツ少年団の住谷篤志を派遣する。

平成8年(1996年)

23回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、栗林ジュニアバレースポーツ少年団の松本智美を派遣する。

平成9年(1997年)

高松市スポーツ少年団本部長に住谷幸伸氏が就任。

24回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、松島女子バレースポーツ少年団の平賀麗香を派遣する。

平成10年(1998年)

25回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、栗林ジュニアバレースポーツ少年団の香川咲子を派遣する。

平成11年(1999年)

26回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、栗林ジュニアバレースポーツ少年団の森本彩也花を派遣する。

平成13年(2001年)

1回高松市・矢島町スポーツ少年団交流事業として指導者5名、団員17名を派遣する。(以降、交互に派遣受入を行う)

28回日独スポーツ少年団同時交流の団員として、栗林ジュニアバレースポーツ少年団の香川萌子を派遣する。

指導者協議会の中の専門部会にバドミントン部会を追加。

平成14年(2002年)

2002年日中青少年スポーツ団員交流事業、中国団を受け入れる。

2002年日独スポーツ少年団指導者交流事業、ドイツ指導者団を受け入れる。

29回日独スポーツ少年団交流事業として、古高松南ジュニアバレースポーツ少年団の堀恵を派遣する。

平成17年(2005年)

高松市スポーツ少年団本部長に山下沃太郎氏が就任。

平成20年(2008年)

 

 

 

高松市スポーツ少年団が高松市体育協会の加盟組織から一部組織となる。

第35回日独スポーツ少年団交流事業として,スマイリーSHIPSスポーツ少年団の森優衣,高松リーダーズクラブの岡田紋加を派遣し,ドイツ団を受け入れる(牟礼町)。

平成25年(2013年) 高松市スポーツ少年団本部長に西山文人氏が就任。
高松市スポーツ少年団創立50周年記念式典を行う。

フッターイメージ